日本で最先端の木構造技術を採用

優れた構造材と接合金物が木造ラーメン構造を実現

SE構法
 木創工房が採用している「SE構法」は、大規模木造建築物の技術を住宅に取り入れた日本でも最先端の構造技術です。
その大きな特徴は、品質の安定した構造用集成材の柱と梁が、特殊な接合金物によって強固に接合されていることです。これにより、木造でありながら重量鉄骨造で用いられるラーメン構造の強さを発揮しています。
また、主要な柱は柱脚金物によって基礎に直接つながっています。これによって地震時の引き抜き強度が飛躍的に向上しています。
つまり、この優れた構造技術を使うことによって、一般の在来木造や2×4工法では困難だった開放的な空間が安全に実現することを可能にしているのです。
木造ラーメン構造
柱と梁を接合する部分に特殊な金物を採用して、強固な接合部を実現させます。
SE構法の柱脚金物
柱は「柱脚金物」によって基礎と直接接合し、地震時の引き抜きにも耐える性能を保持します。
SE構法の耐震実験
数多くの実験結果から導き出した最先端の構造技術であり、数値的に裏付けのある耐震構法です。

~ SE構法3つの特徴 ~

 
木造ラーメン構造
強度の安定した構造用集成材を
強固に接合するラーメン構造
 
空間設計
在来木造や2×4工法では不可能な
開放的な空間を安全に実現
構造計算
全ての現場を構造計算により
「耐震等級3」を確保