建物の外から断熱材で覆うから快適で長持ち

 断熱性能と耐久性能に優れた外張断熱工法を採用

いつまでも心地よく暮らしていただくために、木創工房がこだわっている断熱方法が「外張断熱(外断熱)工法」です。一般的な外張断熱工法は防蟻の観点から基礎だけ内断熱というパターンが多いのですが、木創工房では建物の外側を基礎も含めて断熱材ですっぽりと包みこむことで家全体の断熱性能をムラなく高めます。外張り断熱の大きな特徴のひとつとして、柱の外に断熱材があるため壁の中も室内と同じ湿度となり壁の中に湿気がこもりにくくなります。そのため、壁内結露という家の耐久性を大きく劣化させる現象も起きにくくなります。これに対して壁の中に断熱材を詰め込む「充填断熱(内断熱)」という手法では、壁の中は外気の影響をうけやすくなっており、施工品質の精度によっては内部結露を誘発しやすくなります。
「外張断熱」は断熱性が高いだけでなく、建物の耐久性を大きく向上させてくれる断熱方法でもあるのです。
さらに家の気密性についても、外張断熱はその施工性(すっぽりと包む工法)から高い気密性能をとりやすく、(気密性が高いということは計画換気を行なえますので、)家中の空気を計画的にしっかりと入れ替えられます。これは、「家のどこにいても温度差のない快適な暮らし」を実現する大きな要となっています。高い断熱性能と気密性、計画的な換気による省エネ性能の高い「木創工房の家」を実現するために、施工の品質からこだわった工法が外張り断熱なのです。

充填断熱(内断熱)の場合

充填断熱

充填断熱は施工精度によっては結露などの心配があります。

外張断熱(外断熱)の場合

外断熱

外張断熱であれば、結露の心配もなく気密性能も高くなります。

外断熱工法の特徴

高い断熱性能と気密性能によって省エネ効果の高い家づくりを実現します
断熱性能
UA値がZEHレベルを超える
高い断熱性能をご提案
気密性能
全棟気密測定を行い、
C値0.2以下の優れた気密性能
省エネ性能
一次エネルギー消費量計算を行い、
省エネ性能を確認