全棟一次エネルギー消費量計算を実施

ZEHや認定低炭素住宅も可能な省エネ性能

一次エネルギー消費量計算
その家が、どれだけ省エネの家なのかを現すものが「一次エネルギー消費量計算」です。これは、その建物で消費する一次エネルギー消費量を算出して、基準値よりどれくらい省エネになっているかを計算する手法です。日本における正式な尺度として新しく使用されています。
省エネルギーの家にするためには、なにより家の基本断熱性能が優れていることが大事です。UA値がどこまで高い性能であるかがベースとなります。そこに、冷暖房設備や給湯設備・照明器具等の選択によって、どこまでのエネルギーが使われるかが算出されます。
あくまでも机上の計算ではあるのですが、一つの目安のはなり、「認定低炭素住宅」の認定を受ける際は必要となる計算です。これはZEH(ゼロエネルギーハウス)の基準となる計算でもあり、太陽光発電などの発電装置をつけることで、一次エネルギー消費量がゼロになることまで視野に入れています。
木創工房では、全ての建物でこの計算を算出します。その建物の省エネ性能を見える化することで安心して暮らせる指標と一つとなると考えています。
 

心地よく暮らすための技術力

「家のどこにいても安心して快適に暮らせる住まい」のための優れた建築技術がここにあります