大阪、高槻の外断熱の注文住宅 自然素材の木の家を建てる工務店 木創工房

木創工房
 
 
木創工房株式会社
〒569-0824 大阪府高槻市川添2丁目16-12
  TEL 072-628-4399  /  FAX 072-690-0126
 
木創工房
 
072-628-4399
WORKS
 
 

交野市Y邸

~定期点検の際に、設計の坊野がお話をお伺いしました。~

 ◎住み替えされた理由

以前住んでいらしたお住まいは
設計事務所に依頼されて建てた住宅でしたが、(同じ設計として、うん成程と理解できるコンセプト・手法を用いて建てられていました。)
いかんせん断熱・気密が悪い、狭い、使い勝手が悪い等、
(あぁこのデザインこのようにした考えはすごく解るけど、
 住む人にとっては使えないわなぁ等と)不満をいっぱいお持ちでした。

◎以前の住まいへの不満点

冬はエアコンは力不足でガスストーブをつけなければLDKは暖まらず、
夏は各部屋のエアコンをつけると莫大な消費電力となるので通風だけで過ごされ、
高価な木製サッシが使われていましたが、よほど日本の気候を熟慮して納めないと、
そしてメンテナンスを継続していないと開閉も難しくなり、早々に動かなくなってしまっている窓もありました。
そして最寄りの駅から遠く、アップダウンもあり、駅まで徒歩もかなわないという事で、住み替えを決心されました。

◎「いい家が欲しい。」を読まれて

さて依頼先を考えた時、家の性能を求めるだけではなく、
より高い質の室内環境・空間を生み出すデザイン・設計力が必要と考えられ、
木創工房にお声掛けいただきました。
結果、私達と家造りを進めることができて、大正解ですとのことです。
変化する空間のつながりをかなり意識して設計をし、
それを支える構造の無理のないしっかりとした安定感にもご満足いただいております。
 

◎お住まいになられてのご感想

今は非常に快適で、節電の面でも満足されているとのことです。
夏の過ごし易さは完璧というお言葉をいただきました。
(因みに小屋裏の面積も入れると63坪を超える大きさですが、
8月の電気代がハッピータイム契約で1万円だったそうです。
給湯・調理はガスです。28度設定、70%節電、24時間連続運転です。)
ただ、冬が意外と寒く感じられたそうです。
補助暖房はオイルヒーター、パネルヒーター等消費電力が大きいので使用されなかったそうです。
この点について、センターダクトからダイニングまで少し距離があるので熱が伝わりにくく、
極寒期には何らかの補助暖房が必要と思われますが、この冬は連続運転を試されるとのことです。
これからの季節、南側の大きな窓から昼間は日射熱を取り込んで、
夕方にはシャッターを閉めて貯めこんだ熱を逃がさないようにとお伝えしました。

◎窓は開けない

春・秋の季節の良い時期にも窓は開けない、
外の空気の方が汚れているし開ける必要もないとのことです。
洗濯物は2階の予備室で干されるとのことです。
ここは息子様用のお部屋ですが、
なんと帰っていらっしゃった時は小屋裏で寝られるそうです。
小屋裏空間は温度差が殆どないので、床しか仕上げていないのですが
現しの構造材等に囲まれて気持ちが落ち着くのか、お気に入りの空間にされる方が多いです。
全体として、希望通りの思い描いた住まい方が実現して
とても満足していると太鼓判を押していただきました。

前のお住まいも造りこんだお家だったので、自然素材の特徴もよくご存じの上に、
室内空間を豊かにする素敵なインテリアグッズも豊富にお持ちでしたが、
この「涼温な家」でもそれらが今まで以上に室内の雰囲気に馴染んでいるのがとても印象的で、うれしく思います。
 

◎最後に

いつお伺いしても南面の大開口の窓は
外付けブラインドのスラッドが水平に降ろされているのですが、室内は暗くならず
外部はしっかり視野にはいるのですがスクリーン超しに見える庭の緑が切り取られている、
けれども連続しているというような不思議な感覚が窓に対して少しアクセントのある感覚が生まれます。